2019年12月19日

令和元年 洛和メディカルフェスティバルのご報告

洛和会ヘルスケアシステムでは毎年、地域の方へ感謝の意を込めて「洛和メディカルフェスティバル」を年に1回開催しています

今年は10月19日(土)〜10月27日(日)に開催し、洛和会訪問看護ステーション四条鉾町でも27日に洛和グループホーム四条鉾町洛和デイセンター四条鉾町居宅介護支援事業所矢野医院と力を合わせてバザー、健康体操、InBody、輪投げ、パステルアート、アロママッサージを行いました

また、今回はフリーマーケットでハンドメイドアクセサリーの販売を行いました。
低出生体重児の衣類、医療器具のカバー、酸素ボンベバッグなどを手作りで販売されている「ススリレ」さん、ハンドメイドアクセサリー「Aqua Pisces」さんも参加してくださいました

玄関先でサーフショップ「NORTH POINT」さんのおいしいコーヒーの提供もあり、とても良い香りで終始癒やされていました
medicalfes_image003.jpg

medicalfes_image001.jpg

バザーでは、始まる前から並んでお待ちいただいている方もいらっしゃいました
子どもたちも輪投げやパステルアートを楽しんでいる様子でした
アロママッサージでは心身のリラックス効果もあって、皆さんとても良いお顔をされていました
medicalfes_image007.jpg

medicalfes_image005.jpg

洛和デイセンター四条鉾町ではInBodyで体内年齢を確認できたり、健康体操にて体を動かし、良い汗をかかれていました
medicalfes_image009.jpg

良いお天気だったこともあり、大人43人・子ども14人にお越しいただき、とても楽しいひとときを過ごすことができました
medicalfes_image011.jpg

洛和会訪問看護ステーション四条鉾町 M
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

ラダー研修とステーションリーダー会の取り組み

今年は暖冬といわれていますが、とはいっても12月はやっぱり寒いですね
インフルエンザもはやってきていますし、体調管理にはお気を付けください。

12月のラダー研修は、洛和会音羽病院の認知症認定看護師の牛丸主任に講師をしていただきました
kensyutorikumi_124DA58E-A7B9-43EC-881A-4EA775684911.jpg

老老介護世帯、認認介護世帯が増加してきている背景もあり、認知症の理解はとても重要です。
変化していく両親の姿をご家族が受け入れられず、またご本人が受容されず、適切な診断・治療につながらないことがあります。
私たちが正しい知識を持ち、アプローチしていき、治療を受け入れるきっかけになればと思いました

1月のラダー研修は「ストーマケア」、「褥瘡ケア」について行う予定です。

もう一つ、洛和会訪問看護事業の取り組みを紹介します

洛和会訪問看護事業では毎月リーダー会議を開催しています
リーダーは所長のサポートができる(してほしい)スタッフを選出し、運営、制度などについて知識を深めてもらえるよう年間計画を立てたり、次世代の育成を行っています。

11月、12月は2チームに分かれて、テーマに沿った研修を行うために、資料作成を行いました
kensyutorikumi_DDD1BB66-F397-4AE8-8FF4-780CE37D0EA0.jpg

kensyutorikumi_1CA1F75A-51F9-46D3-AB63-0B984502B3C0.jpg

「訪問看護の制度(加算について)」と「看護記録の書き方」について研修をしていただきます。
管理者が加算の算定の要件を知っているだけでなく、実際に加算の要件に関わる業務を行っている、みんなが知っておく必要があるため、学びを深めてもらいます

記録についても、主観的な記録にならないよう、正しい表現の記録ができるように、記録に要する時間についても見直せるような内容で取り組んでもらっています
kensyutorikumi_23C905EC-4DEF-4786-99C5-2AD909ECAA0D.jpg

研修は1月25日(土)の所長・リーダーの合同会議で行います。
どんな内容になるか楽しみです

訪問看護事業 統括

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

「下京安全安心ともに輝き隊」委属式

10月28日(月)に下京警察署で「下京安全安心ともに輝き隊」委属式がありました

訪問系サービスの洛和会訪問看護ステーション四条鉾町洛和会医療介護サービスセンター四条西洞院店が、訪問先の高齢の利用者さんに対して、安心・安全に地域での生活が継続できるように、また特殊詐欺などの被害に遭われないように啓蒙活動を行っていくことを目的に、下京警察署より委任状を受理しました。
izokushikiIMG_4481ok.jpg

式の後には、訪問先へ出発する前の車両点検についての指導も受けました
業務災害の「ヒヤリ・ハット」では、業務車両の乗車点検不備による内容もあるため、習ったチェック項目についてはぜひ水平展開したいものです。
izokushiki_A6D33242-B115-42C6-BC9F-BE7892CBACD0.jpg

izokushiki_D9AA29A5-B39D-48EF-8841-F749CE67FE8B.jpg

洛和会訪問看護事業では、2016年には「乙訓セーフティチーム」の委託を受けており、個々のご自宅に訪問するからこそ、犯罪を未然に防ぐために気付くことができる視点もあると思います。
委託を受けていない訪問看護ステーションも同じ視点で、地域の高齢者の方が安心して生活できるように貢献し、地域に根ざした訪問看護ステーションを目指したいと思います

訪問看護事業 統括

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

中途採用研修&ラダー研修&洛和メディカルフェスティバル

引き続き、イベントの多い10月…

10月24日(木)には初の試み、「中途採用研修」を開催いたしました。
4月から9月の上期に採用された人を対象に、1日のプログラムで「制度について」「記録について」「マナーについて」「訪問看護報告書の書き方」という4つのテーマで、演習も交えた内容にしました
kenshu3_BCD54BDC-0BE9-4B34-A799-72B7810216CB.jpg

やはり制度については「医療保険・介護保険の選択、保険によって加算が違うので複雑…」という意見がありました。

マナーについては、実際の苦情を基にした実演を見た後、気になった点の発表を行い、その後はグループで実際に演習を行いました。
利用者さんの役をやることで、声を掛ける際の配慮の仕方や自身の癖に気付く良い機会になりました。
継続して行いたいと思います

10月26日(土)は「フットケア」のラダー研修を行いました。
洛和会音羽病院の皮膚排泄創傷認定看護師の副主任 小西さんに講義をしていただきました
kenshu3_3AC28B56-54EB-4013-A7F1-6963837EE3BD.jpg

ドップラーを使った血流の確認、弾性包帯の巻き方などの実技もあり、訪問に生かせる内容でした。
kenshu3_E8B52240-4955-44C1-9D49-DDA3EA5E9F3E.jpg

kenshu3_163EF441-64FC-4696-B616-723DD1DDE7D7.jpg
まずは病変に気付く観察を行い、早期対処に努めたいと思います

11月のラダー研修は「透析」と「リハビリ」の研修を行います

そして10月26日(土)、27日(日)に各エリアで開催されていた「洛和メディカルフェスティバル
洛和会訪問看護ステーションのスタッフもそれぞれ役割分担をして盛り上げてくれていました
kenshu3_1701B4A7-29E9-47FF-9A8A-067C1D0BA992.jpg

洛和ホームライフ音羽の「注文をまちがえるかもしれないおでん屋さん」でおでんをいただき、また、大津エリアでは洛和グループホーム瀬田にお邪魔してきました

快晴に恵まれて、地域の方もたくさん来てくださっていて良かったです
皆さん、ありがとうございました

訪問看護事業 統括

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

10月のラダー研修& お疲れさま会

今年度も折り返し、下期に突入しましたね。
秋は何かとイベントが多い季節ですね

10月は2つのラダー研修を予定しています

10月5日(土)は、呼吸器研修を行いました。
「フクダライフテック京滋株式会社 京都本社」さんから式さんに来ていただき、実機を用いての回路の組み立てや、装着の介助、実際に装着感を体験することもできました
kenshu_0AACB593-CCBA-419C-95D3-4562BB84BE58.jpg

kenshu_41D0FEA9-A545-4174-9C12-0EC3A059C4E5.jpg

kenshu_92BABB32-5945-4B2A-8D10-A8AB507414F6.jpg

kenshu_D03098B9-22D2-4371-B8B9-521E44C957E6.jpg

短時間の体験でしたが、「これやったら付けられる」という感想もありましたが、「これでは寝られない」「ずっと呼吸器を付ける生活は大変」などといった、利用者さん目線の感想もありました。
利用者さんの立場を体験することで今後、装着の必要性を指導する際に、ねぎらいの言葉や思いを受容した関わりができるのではないかと感じました

次回は、10月26日(土)にフットケア研修を行います

そして、10月1日(火)の人事異動で、洛和会訪問看護ステーション天王山の清水所長が異動となりました。
10月17日(木)のステーション会議後、お疲れさまを兼ねて食事会を行いました
後任の新所長、浦本係長も参加しました。
kenshu_B6D0E95F-EF3F-481F-9296-86E853FF2F5A.jpg

同じ組織ですが、訪問看護から離れることになるので、寂しい気持ちです
今後も、訪問看護事業についてビシッと厳しい意見を言ってくれる存在でいてほしいなと思います
お互い頑張りましょ!!

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする