2015年10月22日

第26回洛和会ヘルスケア学会 総会開催

10月18日に、第26回 洛和会ヘルスケア学会 総会が
きらっ都(と)プラザ・京都産業会館で開催されました。

洛和会訪問看護ステーションからは、
5ステーションが展示発表で参加ですひらめき
7月から学会準備に取り掛かり、
訪問業務の合間に、抄録・展示物・原稿と次々締め切りに追われ、
その度に修正のやり取りをするなど、
皆さん本当にお疲れさまでしたぴかぴか(新しい)

年々、演題数も増え、発表時間も3分とタイトになっており、
伝えたいエッセンスをいかに表現するか…。
展示物も見やすく、目を引くものに…毎回の課題ですペン

今回は、4ステーションが他職種連携について、
1ステーションが在宅と病棟の違いについて、発表をしました。

houkan2.jpg houkan1.jpg houkan3.jpg

houkan4.jpg houkan5.jpg

皆、限られた文字数・時間で、
普段の取り組み・工夫を上手くまとめ上げていました。
また、先日行われた小松教授の講義
看護研究のノウハウを教えていただき、
来年春の学会に向けて
研究計画を立てて取り組んでいるステーションもあり、
発表内容が今から楽しみでするんるん

訪問業務との両立、年1回の出題などたくさん課題もありますが、
一緒に解決し、看護研究が今後の業務に生き、
さらに発展するようなものになっていくように
働きかけていきたいと思います
カテゴリー:イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

訪問看護シンポジウム無事終了(2)

さてさて、前の記事でも予告されていましたように、
統括の石川からのバトンを受け取り…
シンポジウムの報告を私、二股からさせていただきます

今回は、「聴くこと、語る事を深めよう」というテーマで、
第1部では佐藤泰子先生を講師にお招きし、
「バカボンパパに学ぶ苦しみの人間学
〜聴くこと、語る事の本当の意味〜」
というタイトルで講演をしていただきましたひらめき

houkan3.jpg

タイトルからすでにおもしろそうな感じですが、
想像を遥かに超えた、
大阪のおばちゃん(先生、すみません)のノリ満載で、
笑いあり、涙ホロリもありで、あっという間の2時間でした
先生も、途中で足がつるというハプニングをものともせず、
壇上でホワイトボードやパワーポイントを使ったり、
参加者も巻き込みの大立ち回りでした
(この後のコーディネーターという大役を仰せつかっていなければ、
私ももっと大笑いして講義にのめりこめたのですが…

第2部では、引き続き佐藤先生にコメンテーターをしていただき、
「話して楽になる」というテーマでディスカッションをしました。

houkan2.jpg

シンポジウム5回目にして初めて
利用者さまのご家族にもご登壇いただき、
普段なかなか聞けない、
訪問看護を利用していたときに感じてられていた
生の声を聞くことができ、
嬉しいお言葉や反省・振り返るべきお言葉もあり、
訪問する際の姿勢について改めて考える機会となりました。

ステーション在籍の登壇者には、
訪問看護歴10年の所長さんから、2年目のスタッフ、
まだ4カ月のスタッフそれぞれの立場から、
「聴くこと」で大切にしている視点、
感じていることを話していただきました。

会場の方からも貴重な体験談をお話しいただき、
少し利用者さまやそのご家族と近くなれたように感じた会でしたぴかぴか(新しい)

慣れないコーディネーターでうまく進行できなかったですが、
最後に書いていただいたアンケートでは
嬉しいご意見もたくさんいただき、
本当にありがとうございました

また来年度の開催に向けて、
もっとたくさんの方に参加していただけるように、
日程も含め、内容を練っていきますので、乞うご期待exclamation×2

最後に、シンポジウム前の緊張した皆の集合写真です
houkan1.jpg
前列左から…沖田裕子さま(利用者さまご家族)、洛和会訪問看護ステーション壬生 浜田、
佐藤泰子先生、
後列左から洛和会訪問看護ステーション右京山ノ内 細川、
洛和会訪問看護ステーション桃山 所長 佐藤、洛和会訪問看護ステーション21 副所長 内田(司会)、
筆者 二股
カテゴリー:イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

訪問看護シンポジウム無事終了

すっかり秋めいてきました
これだけ1日の中で寒暖差があると、
今年の京都の紅葉は期待できそうですね
訪問看護にも良い季節です。(あっという間に冬が来ちゃいますが

さて、先日10月3日に、
当会の訪問看護シンポジウムが開催されました。
テーマは「聴くこと、語ることを深めよう」ですひらめき
訪問看護師の役割をいろんな方に広く知っていただくため、
また、参加してくださる方に、シンポジウムを通して
人生観をも深めていただけるような内容をめざして、
毎年企画しています

今年は、当会の訪問看護ステーションで働く看護師が
たくさん手伝ってくれましたぴかぴか(新しい)

raku2.jpg
受け付け係

raku1.jpg
当会の書籍『訪問看護の泣き笑い』の販売係

今回は、講師の先生が著書に直筆サインもしてくださって、
多くの方が書籍をお手に取られていました本目
書籍『訪問看護の泣き笑い』は、好評発売中です。
どうぞよろしくお願いします

シンポジウムの内容については、
ディスカッションでコーディネーターを立派に務め上げた
統括の二股から、後日報告いたしますね
カテゴリー:イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

就職フェア

あっという間にゴールデンウイークも過ぎて、
もうすぐ梅雨の季節がやってきますね雨
訪問看護師にとっては過酷な時期あせあせ(飛び散る汗)ですが、
みんな暑さや雨にも負けず、
利用者さま宅へ笑顔と安心を届けています家

さて、訪問看護統括の最近の仕事です。
これは先月末の看護職さん向けの就職フェアでの1コマです目

hk1.jpg

たくさんの学生さんが、
来春以降の就職先を求めて来場されていました。
皆さん国家試験を頑張って、
未来の訪問看護師さんになってくださいね
カテゴリー:イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする