2019年09月12日

9月のラダー研修

洛和会訪問看護ステーションでは月1〜2回、ラダー研修を行っています
年間計画を立てており、他職種の方にも講師を依頼し、内容も充実しています

9月7日(土)は「口腔ケア」の研修として、洛和会音羽病院 京都口腔健康センターの白子係長と小島副係長を講師に迎え、口腔ケアの必要性、実際のやり方など実践も含めた講義でした。
9iadar_IMG_0606.jpg

物品にも硬さや機能などさまざまな種類があり、目的や対象の状態によって使い分けする必要があります。
9iadar_IMG_0607.jpg

9iadar_IMG_0609.jpg

9iadar_IMG_0608.jpg

在宅では訪問回数も物品も限られているため、ご家族の協力や物品の工夫が求められます。
訪問看護師の私たちが、正しいケアの仕方や必要性を利用者さんやご家族に指導し、継続して口腔ケアが行われる体制を作る役割であることを改めて認識しました

割り箸や輪ゴム、不織布といった家にあるものでのバイトブロックの作り方や、家から家に訪問するため、物品を汚さずに使用する工夫(ペンライトをラップで包んで使用すると汚れず交換も簡単)といったことも知り、すぐに実践できる内容も多くありました
9iadar_IMG_0610.jpg

9iadar_IMG_0611.jpg

研修の終盤には今年度からの試みである茶話会も行いました。
引き続き講師の先生にも参加いただき、口腔ケアについてディスカッションしながら楽しいひとときを過ごしました(口腔粘膜のマッサージはリフトアップの効果もあると聞き、みんな興味津々で、私もさっそくやろうと思いました

今回はお弁当も準備しました
9iadar_IMG_0613.jpg

9iadar_IMG_0615.jpg

9月26日(木)には「オムツ交換」の研修を行います。
次回の茶話会は、10月5日(土)の「人工呼吸」についての研修の時に開催いたします

訪問介護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする