2019年07月11日

7月のラダー研修

梅雨入り宣言がされたかと思えば、九州地方では豪雨で避難指示や被害にあわれた方もおられ、衷心よりお見舞い申し上げます。
雨量が減ったとはいえ、今後の土砂災害なども警戒され、不安な日々が続いていることと思います。
洛和会訪問看護ステーションでも災害マニュアルの見直しや、利用者さんの環境整備にも目を向けていかなければならないと感じます。

さて、2019年度も月に1・2回、ラダー研修を開催しています。
7月4日(木)には、リハビリ研修を行いました。リハビリ研修は毎回参加者が多く、好評で11月にも開催予定なんですよ!
講師は、洛和会丸太町病院 リハビリテーション部から2年連続で理学療法士の木村副係長と、今年は真野さんがサポートで来てくださいました
kennsyu_IMG_0583.jpg

呼吸器疾患のある方のリハビリや日常生活動作の工夫について講義いただき、ストレッチや筋のほぐし方は、演習の時間も設けて実施しました。

kennsyu_IMG_0588.jpg

kennsyu_IMG_0589.jpg

ストレッチは呼吸器疾患にかかわらず、高齢になってくると関節が固くなり、姿勢も前かがみになってくるため、どの利用者さんにも必要な支援だと感じました。

実際に参加したスタッフも、姿勢が悪くなっていることや体が凝っていることを実感していました
広背筋、大円筋、小円筋をほぐすことで上肢の挙上に変化が現れ、ビフォーアフターにびっくりしました!
kennsyu_IMG_0591.jpg
やってもらった本人も、写真を見て驚いていました。

効果が見えるリハビリを提供することでリハビリの継続につながり、日常生活に新たな楽しみや目標ができると良いな、と感じます

7月25日(木)には栄養管理のラダー研修を行います。
(初めての試みで茶話会も開催します…!)

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする