2018年07月31日

できる人が・できるときに・できることをする 〜災害ボランティア〜

地震や豪雨で被災された皆さまならびにそのご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

2018年618日の朝、大阪府北部を震源とした地震がありました。私は62324日は吹田災害ボランティアセンターにてお手伝いに行きました。 

6月23日に、一般ボランティアとして依頼のあった家に行きました。
1軒目は、脳梗塞で半身麻痺になられた奥さまと静脈瘤の手術待ちで通院中のご主人のお住まいでケアマネジャーからのご依頼でした。地震で倒れた家具から出た衣類の整理をしつつ奥さまのお話を伺うと、「2人ではどうしようもできない。来てもらってありがたい」とおっしゃっていました。 
2軒目は、マンションの屋上にある給水装置が破損して、部屋の中が全部水浸しになったお宅で、使えなくなった家財の運び出しのお手伝いを行いました。
24日は、最近大阪北部の屋根でよく見られるブルーシート張りのお手伝いに行きました。屋根に上がる人と下で作業する人、それぞれできることをしました。

7月に入ってからも吹田市、高槻市のいずれかでブルーシート張りのお手伝いをしています。 
7月1日は前日がとても暑い日だったので、先週よりも覚悟して行きましたが、もっと暑い日になりました。
屋根の上はさらに暑かったようです。たまに太陽に雲がかかり、心地よい風を感じることができましたが、ほぼ炎天下の中での作業でした。途中でボランティアセンターの方が凍ったタオルを配りに来てくださいました。

また別の日の朝の集合後、ボランティアセンターで調整があり、4グループに組み分けをされました。その中で屋根の上で作業する人と下でサポートする人に分かれました。下では屋根にかぶせるブルーシートの準備や物品の上げ下ろしをしました。滑車がつけられたところはスムーズに上げ下ろしができましたが、滑車がないところはハシゴで持って上がりました。

時間を見て休憩の声掛けがありました。この日も猛暑で屋根の上はとても暑くて熱射病になりやすく、水分補給と冷却をして休憩しました。作業中は、依頼主さんが暑いなか何度も見に来られたり、お茶を持ってきてくださったり、とても気を遣ってくださいました。
依頼主さんは今まで何でも自分でされてきたようで、屋根の上の作業を見られては「ええ加減でええよ、大変やな」と、人に頼むことに対してとても恐縮されていました。
この現場はケースワーカーからの依頼でした。メンバーの皆さんが代わる代わる依頼主さんと話しているうちに安心されたようにも思いました。
何かと作業に走りがちですが、皆さん心にも寄り添いながら丁寧に対応されていました。
「雨が降ったらもっと大変になる」と言われていましたが、話していくうちに「昔の家やし柱は丈夫やな。」と少し前向きなことも聞けるようになりました。ブルーシートを張り終えると笑顔も見られ安心しておられました。 

7月8日は吹田市で、141516日は吹田市、高槻市で活動しました。
最近では、吹田でのボランティアはなく、茨木、高槻の災害ボランティアセンターでブルーシート張りのお手伝いに行っています。 

今回、大阪北部地震の後、西日本豪雨がありました。
岡山、広島、愛媛など、広範囲にわたって被害があり、ボランティアもたくさん入っていますが、まだまだ人手が足りません。
これからも自分のできる協力を考えてできたらいいなと思います。
皆さんも考えてみる機会にしませんか?

洛和会訪問看護ステーション大津 O
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする