2018年04月13日

2018年度スタートしました。

4月に入り、毎日あっという間に過ぎています。
4月も早、折り返しに入りました

3月31日は訪問看護事業協会主催の診療報酬改定の研修に、当会の12訪問看護ステーションを代表して洛和会訪問看護ステーション石山寺 課長の長谷川さん、洛和会訪問看護ステーション21 課長の内田さん、洛和会訪問看護ステーション四条鉾町 課長の柴崎さん、洛和会訪問看護ステーション東大路 主席係長の木全さんの5人で新梅田研修センターまで行ってきました

研修前の腹ごしらえ…土曜日の梅田はどこもたくさんの人で、あっという間に飲食店は順番待ちができる状態で、「どこで食べよう」「せっかくの梅田だし」とリサーチしていたのに、慌てて近くの店に飛び込むことになってしまいました(定食はおいしかったです)
180413_01.jpg 180413_02.jpg

研修は、わずかですがプラス改定、緊急体制、看取り、小児の受け入れが評価される内容でした。それに伴い、ますます、医療・介護(在宅・地域)の連携の必要性も出てきており、お互いの情報共有、素早い対応が求められることが学べました。
また、訪問看護事業でも研修会を開催しなくては
2018年度の取り組みは始まっています。法令遵守、質の向上は常に念頭において今年度も完走します。

さて、今年は急に暖かくなり、桜の開花も早く、入学式にはすっかり新緑になってしまいました。
坂本の桜と、木屋町の高瀬川沿いの桜…木屋町は人だかりで、人を見に来たみたいになっていましたが、これも「いとをかし…」なのでしょうか

180413_03.jpg 180413_04.jpg 
180413_05.jpg

訪問看護事業 統括           

カテゴリー:研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする