2017年10月31日

10月の出来事…(後半編)

10月後半は台風21号・22号が続けて発生し、10月30日には木枯らし1号が吹いたと発表され、季節がグッと進んだ感じです

10月19日 ステーション会議(洛和会訪問看護ステーションの所長が集まる会議)
京都府の訪問看護ステーション協議会が市と協定を交わし、住宅防火点検を行うことになったため、研修を受けました。

火災報知機の設置が義務付けられてから10年を迎えるため、正しく作動するかの点検、そのほか、住環境(タコ足配線・仏壇の線香や蝋燭の扱いなど)も危険が伴っていないかの確認をし、必要に応じて消防が指導・対応してくださるそうなので、これからの季節、暖房器具も使用するため、注意喚起できたらと思います
kaigi01.jpg

10月20日 11洛和会訪問看護ステーション親睦会
スタッフ全員対象での開催、2回目になります。
総勢37人が参加、ステーション同士の交流もしながら和気あいあい、楽しい時間でした
研修やこういう機会でもないとスタッフ同士が顔を合わせることは少ないので、定期的に開催したいなと思います
幹事の洛和会訪問看護ステーション坂本 岡本所長、洛和会訪問看護ステーション壬生の浜田リーダー、お疲れさまでした
(写真、うまく撮れなくてごめんなさい)
shinbokukai01.jpgshinbokukai02.jpgshinbokukai03.jpg

10月22日 洛和メディカルフェスティバル
開催する施設によっては残念ながら中止の判断をされたところもあるようですが…
洛和ヴィラ天王山と、洛和ホームライフ香里園にはしごで、お邪魔してきました

洛和ヴィラ天王山では、大きなタコせん(ほかにたこ焼き、チュロスなど)、職員のバルーンアート(器用に作成されていました)など、楽しめるように工夫されていました
fes02.jpgfes03.jpgfes04.jpg

洛和ホームライフ香里園は時間ごとのイベントが企画されており、たくさんの家族連れでにぎわっていました
野菜の詰め放題、ビンゴゲーム、プロの方のバルーンアート
外は雨風で荒れていましたが、施設内は熱気にあふれていました
fes01.jpg

10月26日 ラダー研修(呼吸リハビリテーション)
6月にも洛和会丸太町病院の理学療法士、宮田副係長に講師をしていただき開催しましたが、たくさんのスタッフに参加してもらえるように同じ内容で実施しました。

小規模多機能居宅介護施設や、洛和デイセンターにも声を掛け、13人が参加されました

実技ではお互いに触れられた時の感覚・力加減なども体験しながら行いました。
訪問した時だけでなく継続して行われることが、安定した在宅生活につながると思うので、効果的でリラックスできるような関わりをしたいと感じました。
reha01.jpg

あっという間に11月…まだまだ、変化があります
訪問看護事業に乞うご期待を!!

訪問看護事業 統括

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする