2017年02月21日

新卒訪問看護師育成制度

洛和会ヘルスケアシステムでは、新卒看護師を3年間で訪問看護師に育成するという研修制度があります✨

1年目は病棟のローテーションで基礎的な技術、知識を学び、2年目は外来や訪問診療、特定施設での研修と約4カ月は訪問看護ステーションでの研修、3年目はおおむね訪問看護ステーションでの研修を積みながら1カ月の病院でのMSW、地域包括支援センター・居宅介護支援事業所での研修、病院から在宅、地域から訪問看護の介入などのそれぞれの役割を学び、4年目は訪問看護ステーションに配属されるというプログラムになっています⤴

現在2年目の野口さん、洛和会訪問看護ステーション桃山で研修を終え、2月から洛和ホームライフ四ノ宮で2カ月の研修です👊
各研修先では中間・最終カンファレンスを開催し、到達目標に対しての進捗、課題を確認する機会としています。

先日、最終カンファレンスがあり洛和会訪問看護ステーション桃山に行ってまいりました。
すでに単独訪問も実施されており、それぞれの利用者さまに応じた関わり方、関係機関への報告のタイミング、利用者さまのご家族への配慮など、多くの事を学んでいました。

洛和会訪問看護ステーション桃山のスタッフの皆もそれぞれ野口さんのOJTに関わっており、皆からも一言ずつ、労いと激励の言葉も伝えられ、最後は甘いシュークリームでほっこり…
いい笑顔をいただきましたぁ〜パシャリ
st_momoyama.JPG
アメとムチをうまく使い分けているようで…
野口さん、洛和ホームライフ四ノ宮での中間・最終カンファレンスにも伺いますね。

地域包括ケアシステムの構築、団塊の世代が75歳を迎える時代を前に、これから訪問看護ステーションを担っていく仲間を現場で育成していく事は大きな課題です。

訪問業務で皆それぞれ忙しく、さらに指導もして、大変だとは思いますが、11ステーションの皆さま、一緒に仲間を育てていきましょう!!

訪問看護 統括
カテゴリー:新人研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする