2016年09月17日

研修会「認知症と医療 〜ご本人と家族を支えるために〜」に参加しました

大雨をもたらした台風も通り過ぎ、朝晩もずいぶん涼しくなりました
9月10日(土)の午後、明日都浜大津にて「認知症と医療 〜ご本人と家族を支えるために〜」をテーマに開催された大津市訪問看護ステーション認知症研修会に参加しました。
いつも優しく厳しい所長さんと、入社10日目のスーパールーキーMさん、入社5カ月でまだまだ毎日が勉強中の清水の計3人で、午後の訪問を請け負ってくれたステーションの仲間に感謝しつつ、いざ出発
車窓から見える稲の穂はきれいなこがね色に…
稲刈りが済んでいるところもちらほら見られ、少しずつ秋めいてきた景色を眺めながら、会場に向かいました

特別講演は「医療の観点から」という演題で、認知症の種類とそれぞれの症状や特徴など、また、認知症と鑑別すべき疾患についてなどを学びました。
raku3.jpg
特別講演の「看護の視点から」では、家族の受け入れ段階を知り、それに応じて支援すること、見守り、傾聴し、励まし、家族の頑張りを認めることが大切なのだと学びました。
患者さまの「家ですごしたい」という思いを叶え、支えるために私たちができることは何なのかを考えさせられる研修会でした。
raku2.jpg
私は訪問看護師になり5カ月、「利用者さまが抱えておられる悩みや疑問・質問に少しでもたくさん応えられるようになりたい。アドバイスできるようになりたい」という目標をもちました。
こうした研修などで得られる知識はとても大切な力になります
以前病院に勤めていたときと比べて、「勉強する」ということの意味が少し変化してきているように感じます。
また、研修会には近隣の訪問看護ステーションの方々も多数参加されていました。
普段、顔を合わせる機会が少ないので、こういった場で出会うことで、「ほかのステーションも研さんを積んでいるんだな」と刺激を受け、これも研修会に参加する醍醐味の一つだと感じました。

後もう少し残暑は続くようですが…このアームカバーとともに(アームカバーが手袋に変わっても)季節を乗り越え、これからもステーションの仲間と力を合わせて、日々学んでいきたいと思います
raku.jpg

カテゴリー:お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする