2016年08月04日

在宅看護学会in高知県

7月22日・23日に高知県で開催された在宅看護学会に参加してきました。
raku3.jpg

開催の施設が高知駅周辺だったので、新幹線と特急南風に揺られ、4時間の旅です
行きの特急南風はアンパンマン号でした。(スタンプラリー開催中らしく、どうりでちびっ子が多かった…
raku1.jpg

電車からの景色を見ると、四万十川沿いの山肌に建つ住宅も多く、「この界隈の方たちは、通院や介護・看護はどのようにサービスを受けているのかしら…?」と考えながらの道中でした。
raku2.jpg
実際の発表でも山間地域の看護や支援体制についての演題が数題あり、地域の大きな課題となっていることを改めて感じました。

どこのステーションも、看取り、病院との連携、人材育成の必要性を感じているようで、取り組みの成果や課題について発表されており、参考になりました。

今回、発表した演題のテーマ「ICT化」について、興味をもっている方もおられ、いくつか質問も受けました。
まだ修正していかないといけない課題もあるため、皆の業務効率アップに向けて早急に取り組まないとと気持ちを新たにしました。
慢性期看護学会に、当会から2ステーションがエントリーしているので、結果が楽しみです
こういった学会に積極的に参加することで、皆のスキルアップ、モチベーションアップに繋がると良いなと思います
 
訪問看護事業 統括

カテゴリー:お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする