2016年06月24日

乙訓シニアセーフティーチーム委嘱式と原付運転講習

訪問看護ステーションでは、訪問業務の移動手段として軽自動車・原付・電動アシスト自転車を使用していますが、原付は運転をしたことがない方も多く、実際に私自身も、訪問看護がきっかけで原付に乗ることになった1人です

4月から新たにステーションに加わったスタッフのなかに、原付初心者の方がいたので、6月20日に、向日町警察のご厚意で、長岡自動車教習所にて原付の講習会を開催していただくことになりました

講習会の開催に先立ち、日々業務で高齢者宅を訪問している訪問介護士や訪問看護師などが地域の特殊詐欺被害防止などの犯罪抑止を啓発していくことを目的に「乙訓シニアセーフティーチーム」が発足され、委嘱式が行われました。
raku1.jpg
向日町警察の衣笠署長から詐欺の被害や交通事故の実状を伺い、チームで少しでも地域で役に立てればと思いました

引き続き行われた原付の講習会では、乗車前の日常点検の仕方も指導いただき、自身でできる日常点検をすることで、大きな故障を早期発見できると感じました。
raku2.jpg
運転実技も、白バイの先導のもと、みっちり指導していただき、初心者のスタッフも乗ることができるようになりました
raku3.jpg

原付も車もそうですが、乗り慣れても基本に立ち返り、安全運転を心掛けなくてはと改めて感じ、日々、気を引き締めて業務に当たりたいと思いました
訪問業務も常に初心を忘れず…です

訪問看護事業 統括
カテゴリー:お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする