2020年11月30日

人の温かみを感じ、気付いたこと

洛和会訪問看護ステーション四条鉾町の理学療法士の後藤です。
まだまだ新型コロナウイルス感染症が落ち着かない状態が続いていますが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

毎年この時期からは、毎月のようにマラソン大会に参加していましたが、今年は開催が1つもない状態です。体が衰えないように、ランニングや昨年から始めたロードバイクでトレーニングを行っています

先日、紅葉も楽しめる雲ケ畑まで自転車トレーニングしてきました。途中まで、山を登りながら紅葉を楽しんでいました
ところが、峠を越えて気持ちよく下っていたらタイヤのパンク!! ロードバイクを始めて、初パンク! それも山の中のため自転車屋さんも当然なし…

早速、修理開始。タイヤを外し、チューブ交換を行い、最後に空気を入れる。

あっ!! まさかの空気入れを持ってくるのを忘れていることに気付き… 自宅まで15km以上あり、山奥のためタクシーも当然来ない。
気合と根性で頑張って押して自宅を目指してみました。トボトボと押していると、住民のおじさんが声を掛けてくれて、空気入れを貸してもらえることにしかし、ロードバイクは普通の空気入れでは入らないので丁重にお断りしました。

それからまたしばらく歩いていると、すれ違いのサイクリストから声を掛けていただき、空気入れを借りて無事帰宅できました

201115_momijijpg.jpg

いつも皆さんのためにと頑張っていますが、実際困っているときに声を掛けていただき、助けてもらうことのうれしさを再認識しました そして、しっかりと準備をして物事を行うことの重要性を痛感した一日でした
この経験を皆さんのために生かしていきたいと思います。

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする