2020年02月28日

サプライズ! 誕プレ

2月某日は○○歳の誕生日で、自分へのご褒美にお休みをいただいていたのですが、翌日、お昼休憩時にTリーダーより「Uさ〜ん、荷物が届いているよ〜」といつも発注で届く見覚えのある段ボールが持ち込まれました。

いつもならわざわざ私に荷物の手渡しはないのですが…
おかしいな? と思いながらも開けてみると、『ハッピーバースデイ』と書かれた箱の中に、
2002_bd_01.jpg
スタッフみんなからの色紙に書かれたメッセージが

そして、私好みのプレゼントの山
2002_bd_02.jpg
驚きすぎて「わ〜」とか「すご〜」としか言葉が出てこず…

涙もろい私だから号泣? も期待されていたのかもしれませんが、メッセージを読んでいるうちにじわじわきました〜
プレゼントを選んでくれている時間やメッセージを書いてくれている時…などなど
貴重な時間を私に…ありがとうございます

皆さんと出会って2年。
これからも『笑う門には福来たる』精神でチーム大津、仲良くやっていきたいと思います。

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

利用者さんの安定した生活を支援できるよう医療・介護の連携強化への取り組み

当会にはグループホームが各エリアにあり、医療連携を12の訪問看護ステーションが分担して行っています。週1回の定期訪問で体調管理、24時間相談窓口、必要時臨時対応、医師との連携を行い、異常の早期発見・対応を行うことで、体調が安定し地域での生活が継続できるように関わっています。

グループホームの利用者さんくらいの高齢になると肥厚爪、浮腫、血行不良、胼胝など下肢のトラブルが多く、受診調整も困難なことから、3年前から洛和会音羽記念病院のフットケアチームが定期的にラウンドを行い、フットケアを支援してくれています
しかし、なかなか、フットケアチームと顔を合わせて、情報共有をする機会がなく、定期訪問時に訪問看護でも処置に困る状態の下肢もあり、全てのグループホームへのフットケアチームの介入も困難なことから、2月6日(木)と2月20日(木)の2回に分けて、京都下肢創傷センターの松原医師とフットケアチームを講師にお招きして、フットケアの必要性、観察項目、アセスメントの視点、ケアのコツなどについて研修を行っていただきました
200225renkei01.jpg

2日間でグループホームの介護職、訪問看護ステーションの看護師、特定施設の看護師、合計54人が参加しました。
実際の下肢の写真を見ながら、アセスメント、できる処置について松原医師からレクチャーを受け、その後は、2グループに分かれ、ドプラーで血流の確認、脈の触診、ニッパーやヤスリのかけ方などの実践を行いました。200225renkei02.jpg

200225renkei05.jpg

200225renkei04.jpg

ニッパーの持ち方によって力をかけずに容易に切ることができることが分かり、肥厚爪の処置を苦手としていた看護師も少し自信が出たようでした。
200225renkei03.jpg

靴の工夫や、健康な爪でも入浴後が切りやすい、など介護職にとっても明日からの業務に活かせる分かりやすい内容でした

今後も、当会の強みとして医療・介護の連携を強化し、利用者さんの生活が少しでも向上するように協働したいと思います。
ありがとうございました

訪問看護事業 統括

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

日々の取り組みの成果

洛和会ヘルスケアシステムでは毎年、私たち職員が行った医療や看護、介護などについて振り返り、成果などを発表をする機会があります。(洛和会ヘルスケア学会)
10月に行われた第30回 洛和会ヘルスケア学会にて、洛和会訪問看護ステーション右京山ノ内では「訪問看護師のチームアプローチによる薬剤管理の改善事例」という内容で展示発表を行った結果、展示での最優秀賞をいただくことができました200221gakkai01.jpg

利用者さんやご家族と訪問看護が介入したことでの状態や思いの変化を共有し、希望に寄り添いました。
また、自立支援にもアセスメントの視点を置き、どのような看護を提供したらいいか、関係機関と連携を図りながら工夫を凝らし支援を行いました
訪問看護のみでの支援では視野が狭くなり、ケアの展開も限られてしまう事もあるため、チームで個々の役割を尊重し取り組んだ結果だと改めて感じました

日頃行っている看護について認められることができた喜びをスタッフ全員で共有し、次回の第31回 洛和会ヘルスケア学会にむけて準備を始めているところです。

洛和会訪問看護ステーション右京山ノ内 段上
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

研修三昧の一日

新年を迎えたと思ったら、もう2月が近づいてきました。
今年度の終わりに向かい、ラストスパートです

1月25日(土)は「ラダー研修」と、訪問看護事業のリーダーと所長の「合同会議」を行いました

午前中は洛和会音羽病院 皮膚・排泄認定看護師の伊藤師長さんに「褥瘡とストマ」について講義いただきました。
kensyuzanmai_D11FFAB0-079B-490C-BD27-6CD564400B4C.jpg

講義いただくのも5年目で、「在宅での褥瘡の予防の視点の関わり」や「褥瘡が発生してから訪問看護介入した場合の処置や関係機関との連携」に生かすことができています
ストマを増設した利用者さんも増えてきていますので、皮膚トラブル時の物品や対応について学びを深めることができました

午後からは合同会議だったのですが、会議の時間も研修を調整しました

午後1時30分〜3時30分まで「みやこ薬局」さんに来ていただき、「在宅での薬剤管理」について講義いただきました。
エンシュアの飲みやすい一工夫(元々のコーヒー味にインスタントコーヒーを少し足すと甘ったるさが軽減)はみんな感心していました
kensyuzanmai_6BD3B8F9-E791-40F1-A1A4-5122D5BB00CD.jpg

kensyuzanmai_27B03F89-DEC4-477A-A99B-2B5F0E84A38F.jpg

また、「高カロリー輸液」や「ルート」など、最新の器具も実際に手に触れて見ることができました
臨床を離れて、訪問看護の経験が長くなってきているリーダー、管理者には良い機会になったと思います
最新の「内服管理マシーン」も持参いただき、早く保険適応になればある程度の認知能力のある方には有効かな、と感じました。
kensyuzanmai_12D9754B-2A96-4A75-A309-AFF3B666A72D.jpg

午後3時30分からは先月のリーダー会議で準備した、「訪問看護の制度と記録」について研修を行ってもらいました。
Q&A形式で、全員に回答を求められたので、緊張した良い時間だったと思います

午後4時〜終業までの時間で、訪問看護事業の「ヒヤリ・事故事象の振り返り」「特定行為についての説明(訪問看護事業で修了生を増やしたい)」「来年度の教育計画(ラダー研修の日程)」「会議の年間議題」「訪問看護事業のビジョン」についての共有の場としました。

3月1日(日)には13カ所目の訪問看護ステーションも開設します
みんなで同じビジョンに向かって、さらに訪問看護事業を盛り上げていきたいと思います
ご参加くださった方々、ありがとうございました

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする