2019年12月19日

令和元年 洛和メディカルフェスティバルのご報告

洛和会ヘルスケアシステムでは毎年、地域の方へ感謝の意を込めて「洛和メディカルフェスティバル」を年に1回開催しています

今年は10月19日(土)〜10月27日(日)に開催し、洛和会訪問看護ステーション四条鉾町でも27日に洛和グループホーム四条鉾町洛和デイセンター四条鉾町居宅介護支援事業所矢野医院と力を合わせてバザー、健康体操、InBody、輪投げ、パステルアート、アロママッサージを行いました

また、今回はフリーマーケットでハンドメイドアクセサリーの販売を行いました。
低出生体重児の衣類、医療器具のカバー、酸素ボンベバッグなどを手作りで販売されている「ススリレ」さん、ハンドメイドアクセサリー「Aqua Pisces」さんも参加してくださいました

玄関先でサーフショップ「NORTH POINT」さんのおいしいコーヒーの提供もあり、とても良い香りで終始癒やされていました
medicalfes_image003.jpg

medicalfes_image001.jpg

バザーでは、始まる前から並んでお待ちいただいている方もいらっしゃいました
子どもたちも輪投げやパステルアートを楽しんでいる様子でした
アロママッサージでは心身のリラックス効果もあって、皆さんとても良いお顔をされていました
medicalfes_image007.jpg

medicalfes_image005.jpg

洛和デイセンター四条鉾町ではInBodyで体内年齢を確認できたり、健康体操にて体を動かし、良い汗をかかれていました
medicalfes_image009.jpg

良いお天気だったこともあり、大人43人・子ども14人にお越しいただき、とても楽しいひとときを過ごすことができました
medicalfes_image011.jpg

洛和会訪問看護ステーション四条鉾町 M
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

ラダー研修とステーションリーダー会の取り組み

今年は暖冬といわれていますが、とはいっても12月はやっぱり寒いですね
インフルエンザもはやってきていますし、体調管理にはお気を付けください。

12月のラダー研修は、洛和会音羽病院の認知症認定看護師の牛丸主任に講師をしていただきました
kensyutorikumi_124DA58E-A7B9-43EC-881A-4EA775684911.jpg

老老介護世帯、認認介護世帯が増加してきている背景もあり、認知症の理解はとても重要です。
変化していく両親の姿をご家族が受け入れられず、またご本人が受容されず、適切な診断・治療につながらないことがあります。
私たちが正しい知識を持ち、アプローチしていき、治療を受け入れるきっかけになればと思いました

1月のラダー研修は「ストーマケア」、「褥瘡ケア」について行う予定です。

もう一つ、洛和会訪問看護事業の取り組みを紹介します

洛和会訪問看護事業では毎月リーダー会議を開催しています
リーダーは所長のサポートができる(してほしい)スタッフを選出し、運営、制度などについて知識を深めてもらえるよう年間計画を立てたり、次世代の育成を行っています。

11月、12月は2チームに分かれて、テーマに沿った研修を行うために、資料作成を行いました
kensyutorikumi_DDD1BB66-F397-4AE8-8FF4-780CE37D0EA0.jpg

kensyutorikumi_1CA1F75A-51F9-46D3-AB63-0B984502B3C0.jpg

「訪問看護の制度(加算について)」と「看護記録の書き方」について研修をしていただきます。
管理者が加算の算定の要件を知っているだけでなく、実際に加算の要件に関わる業務を行っている、みんなが知っておく必要があるため、学びを深めてもらいます

記録についても、主観的な記録にならないよう、正しい表現の記録ができるように、記録に要する時間についても見直せるような内容で取り組んでもらっています
kensyutorikumi_23C905EC-4DEF-4786-99C5-2AD909ECAA0D.jpg

研修は1月25日(土)の所長・リーダーの合同会議で行います。
どんな内容になるか楽しみです

訪問看護事業 統括

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする