2019年06月08日

「日本認知症ケア学会」と「湖西透析従事者の集い」

年号が変わったと思ったら、あっという間に6月。
すでに2019年も折り返し地点ですね。

5月25(土)に「日本認知症ケア学会」に参加してきました。
gakkai_IMG_0579.jpg

近年、認知症を患い、複数の疾患をお持ちのご高齢の方が増加しています。
訪問看護師としては、利用者さんが住み慣れた環境で生活を継続していけるような関わり方が必要です。
そのためには訪問看護だけでなく、関わる支援者が共通した認識で利用者さんのケアを行うことが求められます。

洛和会訪問看護ステーションからは、洛和会訪問看護ステーション21の内田所長が状態に応じて利用するサービスを展開した結果、投薬療養が安定し、喘息発作を起こさなくなったケースについて発表しました(緊張して空き時間に練習する内田所長…お疲れさまでした。)
gakkai_IMG_0580.jpg

他の発表者も、認知症の方の支援の振り返りや、地域の取り組みについて発表されており、今後もその人らしく、尊厳を失うことなく生活できる関わり方をしていきたいと考えました。

また、5月26日(日)の午前中には、滋賀県坂本エリアのわたなべ湖西クリニックで「湖西透析従事者の集い」が開催されたので、そちらにも足を運びました。

洛和会訪問看護ステーション坂本の小室さんが訪問看護の利用について、居宅介護支援事業所坂本の宮野さんが介護保険の制度について、それぞれ発表をされました。
gakkai_湖西の会 小室.jpg

gakkai_湖西の会 宮野.jpg

近隣の医師やケアマネジャー、看護師、介護職も参加し、グループワークなどのディスカッションの場もあり、地域に根ざして関係機関が協働する取り組みを知る良い場になりました。
小室さん、宮野さんありがとうございました。

皆さんに選んでいただける事業所となるように、これからも各ステーション、さまざまな取り組みを行い、研さん、質の向上を目指していきます。

訪問看護事業 二股
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする