2018年09月14日

ワークライフバランス実現の第一歩 

暑かった夏も、ようやく一段落。今回は洛和会ヘルスケアシステムの福利厚生を利用したお話です。

洛和会ヘルスケアシステムには年に一度、10連休のまさに「リフレッシュな休暇」を取得できるリフレッシュ休暇制度があります。
私の今年のテーマは「大自然」で、沖縄の無人島に行きグランピングをしてきました
無人島ではシュノーケルでウミガメを見ることができ、夜になれば満点の星空(さすが無人島!)
京都近海の海岸では見ることのない、ジャンボなヤドカリが大量に歩いていました。
180910_hiroshima_01.jpg

長期の休みで、利用者さん、訪問看護ステーションのスタッフにはご迷惑をおかけしますが、心身共にリフレッシュできることで仕事にさらにまい進することができます

みんな、いろんな休みの目的があります。自己研鑽を積むもよし、旅行するもよし…年に一度の連休をどう使うかは「あなた次第」です!
来年のリフレッシュ休暇は何をしようかしら…                     
洛和会訪問看護ステーション桃山 F

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

広島へ…

今年は自然災害が多く、報道の凄惨な被災地の様子を見て胸が痛みます。被災された方々に心から哀悼の意を表します。一日も早く平穏な生活に戻られるようお祈り申し上げます。

7月に豪雨災害のあった、広島県へ816日17日の看護学会に参加するために行ってきました。場合によっては中止になるのかと心配しましたが、予定通りの開催となりました。

看護教育の学術集会で『未来をつかむ! Chance Challenge Changeで自ら成長する看護職』というテーマでした。
180910_hiroshima_03.jpg

180910_hiroshima_04.jpg
訪問看護事業からは、新卒訪問看護師育成制度の研修生が『訪問看護師育成制度の現状と課題』という演題で示説による発表をし、私は『訪問看護の教育体制の確立にむけての取り組み』という演題で口演による発表を行いました。

また、時間をうまく使うために学会両日ともにランチョンセミナーに参加し、おいしいお弁当をいただきながら、広島県立大学の飯田教授の「レモンの健康効果」についてと、ユニ・チャームの社長の「一人一人のスタッフが輝くコンチネンスケア」というテーマの聴講をしました。
180910_hiroshima_02.jpg

今回の発表は3年前に訪問看護独自のラダー制度の開発を行った経緯と、その後の実施の現状についてまとめました。ラダー委員会メンバーの洛和会訪問看護ステーション石山寺 所長の長谷川さんも帯同してくれました。

参加していたどこの機関も人材育成の必要性を感じ、さまざまな取り組みを行っていることが分かりました。これに刺激を受け、人が変わってもラダー制度の運用が継続して取り組まれるように修正を行っていかなくては!! と長谷川さんと気持ちを引き締める機会となり、9月に入り各ステーションにラダーの進捗のラウンドを実施しています。

自己研鑽、キャリアアップができる制度となり、働くにあたりモチベーションが上がるような環境を提供できるように整備していきたいと思います。

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする