2019年07月11日

1歩1歩の積み重ね

こんにちは、洛和会訪問看護ステーション東大路 理学療法士の後藤です
今年の4月から配属となり、あっという間に3カ月がたちました。
おかげさまで少しずつ利用者さんが増え、自宅で安心して過ごしていただけるように、日々リハビリをさせていただいています。

私が所属するステーションは、理学療法士、看護師、ケアマネジャーが同じ部屋に在籍しているという恵まれた環境となっています。
多職種の方がいるので、いろいろなことを相談することができ、勉強や刺激になります。
さらに、仕事上の連携は当然ながら、仕事外でも大変仲の良い事業所です

先日、看護師さん・ケアマネジャーさんと音羽山へ登山に行って来ました。
みんな汗だくで、休みながら1歩ずつ前に進み、無事登頂できました

toudaizi_写真-2019-07-07-10-04-49.jpg

toudaizi_写真-2019-07-07-18-19-13.jpg

登頂後は、ご褒美に「かねよ」のウナギを食べました。頑張った後のウナギは最高でした
toudaizi_写真-2019-07-07-13-12-34.jpg

私は趣味でマラソンをしていますが、今回の登山も同じです。
ゴールや山頂への目標に向かって諦めず、休みながらでも1歩1歩努力し、前に進むことが重要だと思います。

リハビリも、コツコツと積み重ねることが目標達成に必要なことだと思います。しかし、コツコツ積み重ねることは簡単そうに思えますが、大変難しいことです。
努力を積み重ねるためには、頑張った後に素晴らしい景色やおいしい食事などのご褒美が必要です。

私も日々リハビリを担当させていただく利用者さんには「どうなりたいか」と目標を聞き、努力の成果をしっかり伝えるようにしています。
他者から頑張らされるのではなく、自分で目標を持ってコツコツと積み重ね、時には休み、自分にご褒美をあげることが大事だと思います。
目標に向かい、一緒にコツコツ取り組めるリハビリを利用者さんと行っていきたいと思います。

洛和会訪問看護ステーション東大路 後藤

一利用者さんの生活に寄り添い、目標に向かって一緒に歩む…在宅で関わる理学療法士の仕事に興味のある方、見学も受け付けております。

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月のラダー研修

梅雨入り宣言がされたかと思えば、九州地方では豪雨で避難指示や被害にあわれた方もおられ、衷心よりお見舞い申し上げます。
雨量が減ったとはいえ、今後の土砂災害なども警戒され、不安な日々が続いていることと思います。
洛和会訪問看護ステーションでも災害マニュアルの見直しや、利用者さんの環境整備にも目を向けていかなければならないと感じます。

さて、2019年度も月に1・2回、ラダー研修を開催しています。
7月4日(木)には、リハビリ研修を行いました。リハビリ研修は毎回参加者が多く、好評で11月にも開催予定なんですよ!
講師は、洛和会丸太町病院 リハビリテーション部から2年連続で理学療法士の木村副係長と、今年は真野さんがサポートで来てくださいました
kennsyu_IMG_0583.jpg

呼吸器疾患のある方のリハビリや日常生活動作の工夫について講義いただき、ストレッチや筋のほぐし方は、演習の時間も設けて実施しました。

kennsyu_IMG_0588.jpg

kennsyu_IMG_0589.jpg

ストレッチは呼吸器疾患にかかわらず、高齢になってくると関節が固くなり、姿勢も前かがみになってくるため、どの利用者さんにも必要な支援だと感じました。

実際に参加したスタッフも、姿勢が悪くなっていることや体が凝っていることを実感していました
広背筋、大円筋、小円筋をほぐすことで上肢の挙上に変化が現れ、ビフォーアフターにびっくりしました!
kennsyu_IMG_0591.jpg
やってもらった本人も、写真を見て驚いていました。

効果が見えるリハビリを提供することでリハビリの継続につながり、日常生活に新たな楽しみや目標ができると良いな、と感じます

7月25日(木)には栄養管理のラダー研修を行います。
(初めての試みで茶話会も開催します…!)

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

「日本認知症ケア学会」と「湖西透析従事者の集い」

年号が変わったと思ったら、あっという間に6月。
すでに2019年も折り返し地点ですね。

5月25(土)に「日本認知症ケア学会」に参加してきました。
gakkai_IMG_0579.jpg

近年、認知症を患い、複数の疾患をお持ちのご高齢の方が増加しています。
訪問看護師としては、利用者さんが住み慣れた環境で生活を継続していけるような関わり方が必要です。
そのためには訪問看護だけでなく、関わる支援者が共通した認識で利用者さんのケアを行うことが求められます。

洛和会訪問看護ステーションからは、洛和会訪問看護ステーション21の内田所長が状態に応じて利用するサービスを展開した結果、投薬療養が安定し、喘息発作を起こさなくなったケースについて発表しました(緊張して空き時間に練習する内田所長…お疲れさまでした。)
gakkai_IMG_0580.jpg

他の発表者も、認知症の方の支援の振り返りや、地域の取り組みについて発表されており、今後もその人らしく、尊厳を失うことなく生活できる関わり方をしていきたいと考えました。

また、5月26日(日)の午前中には、滋賀県坂本エリアのわたなべ湖西クリニックで「湖西透析従事者の集い」が開催されたので、そちらにも足を運びました。

洛和会訪問看護ステーション坂本の小室さんが訪問看護の利用について、居宅介護支援事業所坂本の宮野さんが介護保険の制度について、それぞれ発表をされました。
gakkai_湖西の会 小室.jpg

gakkai_湖西の会 宮野.jpg

近隣の医師やケアマネジャー、看護師、介護職も参加し、グループワークなどのディスカッションの場もあり、地域に根ざして関係機関が協働する取り組みを知る良い場になりました。
小室さん、宮野さんありがとうございました。

皆さんに選んでいただける事業所となるように、これからも各ステーション、さまざまな取り組みを行い、研さん、質の向上を目指していきます。

訪問看護事業 二股
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

訪問看護師として1年がたち…

訪問看護師になって1年がたち、春の心地よい季節がまた巡ってきました。
病棟で働いていた時は「昼間のこの心地よい風は、休みの日にしか感じられなかったなぁ〜」と、訪問途中の車の中で、琵琶湖を横目に感じています。
1年で学んだ事はまだまだ少ないですが、振り返ると在宅看護ならではの大切な事をたくさん教えていただきました。

一番印象に残っている事は、終末期の利用者さんと、私と同じ年頃の娘さんの関わりについてです。
疼痛や昏睡で状態が日ごとに変わっていくお母さんを目の前にして、どのように関わったらいいか困惑している娘さんの姿が見られました。
今まで介護経験もなく、不安もたくさんある中で、お母さんを在宅でみとる覚悟を決め、「◯◯はどうやってしたらいいですか、教えてください」と言う一生懸命な姿に私は心を打たれました。

娘さんにも家族や仕事があり、ご自身の生活と両立しながらスケジュール調整を行い、お母さんが自宅でできる限り苦痛なく、最期を迎えられるようにと、愛の込もった介護をされていました。
私も「自分の母だったらどうしたいかな?」と考えながら、真夜中に緊急電話をかけて来た娘さんに、いろんな指導をさせていただきました。

最期はご家族が見守られる中とても安らかに、逝かれました。
最後まで娘さんの一生懸命な思いは、お母さんに伝わっていたと思います。

病院では経験のできなかった看護ができる事に、利用者さんへ感謝の気持ちを持ちながら、私自身の看護についての振り返りを行い、今後の課題にしていきたいと思います。
病院と在宅看護の違いを日々感じながら、利用者さんとそのご家族が困らないよう考え、支援していけるよう2年目も頑張りたいと思います。

洛和会訪問看護ステーション坂本 看護師K
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

入学式

新年度、桜満開の中、4月9日(火)に中学校の入学式がありました

わが家は、2011年の東日本大震災で被災した友人家族と共に生活しています。
あれから8年…
当時保育園児だった子どもも大きくなり、気が付けば私の身長を超え、中学生になりました。

震災でたくさんのつらい経験をしたにも関わらず、泣き言も言わず、将来は福島のために働きたいと夢を持ち、一生懸命勉学に励んでおり、心の成長も感じる日々です。

毎日の食事を作り、仕事から帰れば宿題を見たり、学校での出来事を聞いたり…
子どもの成長を見ながら支えてきたつもりが、実は子どもに支えられていたのかもしれないなぁと思うことがあります。
これから先、たくさんの困難や出来事があるかもしれません。この桜のように家族一丸となって子どもの夢がかなえられるよう、支えていきたいと思います

訪問エリアでも、たくさんの桜を見る機会に出会えます
京都で働いていて良かった、訪問看護で良かったとほほ笑ましくなる今日この頃です。
アオサギと桜、日々の心癒される瞬間をおすそ分けします。
nyugakushiki_IMG_3589.jpg

nyugakushiki_IMG_3601.jpg

洛和会訪問看護ステーション四条鉾町 所長S
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする