2016年08月23日

ささやかな贅沢…!?

「今年の夏は冷夏か!?」との推測は大きく外れ、連日、熱中症の警告が発令されるほど厳しい暑さが続いています
在宅の利用者さまも「昔は暑くてもクーラーも何もなかったから…これぐらいの暑さ、大丈夫」とおっしゃいますが、体温を測ると実際には37.5度前後の微熱があり、熱こもりが起きていることがありました
説明して水分補給を促し、空調を整え、平熱に改善するものの、訪問終了のころには、「エアコン切って帰ってな」と
このやり取りを繰り返し、熱中症を何とか防止しようと格闘していたステーション勤務のころを思い出します。

オゾン層の破壊などによる異常気象もありますが、昔より、アスファルトや車も増え、エアコンの室外機からの熱など、環境の変化で熱の発生源となるものが増えたことも、この暑さの一因となっているのでしょうか!?

いつまで残暑が続くか…バテないように気をつけないといけませんが、「暑さを楽しみながら乗り越えよう」と、浅く広くイベントを満喫したいところです
そのイベントの一つとして、わが家からは、家を中心に北と南(左右)で花火大会が見られます
raku1.jpg raku2.jpg
raku3.jpg
雄琴温泉の花火大会が8月1日、琵琶湖の花火大会が8月8日にありましたが、人混みが苦手な私としては、程良い距離感でのんびり観賞できるため、毎年恒例のささやかな贅沢となっています
hanabi.gif

訪問看護事業 統括
 

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日また来てくれる?

「家で過ごしたい…」と、自宅での最期を希望された山田さん(仮名)の訪問看護が開始となりました。しかし山田さんは「大丈夫。看護師は週に1回でいい」と鎮痛剤も拒否し、痛みに耐えながら、気丈に家事をこなしておられました。主治医と連携し、少しでも心を開いてもらえるよう関わりましたが、山田さんから弱音は聞かれず、衰弱していく姿に無力さを感じていました。
がんの痛みはさらに強くなり、つらそうな表情の山田さんに「もう我慢大会はやめましょう」と声を掛けたことを機に、硬かった氷が溶けるように、山田さんは麻薬での疼痛コントロールを開始しました。表情に笑顔が戻り、「明日もまた来てくれる?」と看護師のことも受け入れてくださったようでした。
「家族でお笑いライブに行く!」というご希望に添い、ケアマネジャーはリクライニング車いすを手配、医師や看護師は24時間体制で緊急に備えました。
山田さんは、ご家族の「もっと生きてほしい!」という思いに応え「もっと生きたい!」と懸命に生きぬかれました。
穏やかな最期を看取った翌日、「気丈な妻でした」と涙されるご主人の姿に、今までの我慢を見た気がしました。
在宅療養生活を支援するのに大切なものは信頼関係であり、サポート者の連携です。これからも他機関と顔の見える関係を築き、利用者さまに「よかった」と感じていただける看護を提供していきたいと思います。

訪問看護師O
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

らくわ健康教室で講演しました

8月3日に、洛和会東寺南病院らくわ健康教室が開催されました。
洛和会訪問看護ステーション四条鉾町 係長の古川 順子が、「体のケアと心の支えに 〜暮らしに安心と笑顔をお届けします!!〜」という演題で、地域の方にお話をさせていただきました

st-hoko3.jpg

訪問看護の利用方法や、訪問看護ではどういうことをしているのかなどを説明しました。

st-hoko1.jpg

st-hoko2.jpg

皆さま熱心に耳を傾けてくださり、講演した古川もホッとしている様子でした
参加してくださった方々、ありがとうございました
また今後も、ぜひらくわ健康教室にご参加ください
よろしくお願いいたします

洛和会訪問看護ステーション四条鉾町 木全

カテゴリー:イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

西京桂で新しくスタートします!!

8月1日に洛和会訪問看護ステーション西京極が移転しました
raku4.jpg
↑ 画像をクリックすると、大きいサイズで見ることができます。


今までお世話になった黄色の建物とはお別れ
raku1.jpg
いろんな方との出会いや多くの経験で、スタッフも成長させていただいた拠点。
約4年間、ありがとうございました

さて、今回、移転と共に名称が変更し、「洛和会訪問看護ステーション西京桂」となりました。
ぱっと見は、気付いていただけるかしら…?と思うくらい、名前は最後の一文字しか変わっていませんが、事務所の場所は桂川を渡り、右京区から西京区へと、区も変わりました。
事務所と一緒に、スタッフも全員そろって引っ越し。
1階に洛和桂小規模保育園洛和グループホーム桂があり、子どもたちのかわいい声も聞こえ、グループホームの入居者さまだけでなく、私たちも元気をもらえそうです

新天地でドキドキしていますが、チーム力はそのままで、いや、さらにパワーアップし、早く地域の皆さまにお声掛けいただけるように、きめ細やかな看護を心掛けてまいります
よろしくお願いいたします
raku3jpg.jpg

「洛和会訪問看護ステーション西京極」改め「洛和会訪問看護ステーション西京桂」スタッフ一同
カテゴリー:事業所紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

在宅看護学会in高知県

7月22日・23日に高知県で開催された在宅看護学会に参加してきました。
raku3.jpg

開催の施設が高知駅周辺だったので、新幹線と特急南風に揺られ、4時間の旅です
行きの特急南風はアンパンマン号でした。(スタンプラリー開催中らしく、どうりでちびっ子が多かった…
raku1.jpg

電車からの景色を見ると、四万十川沿いの山肌に建つ住宅も多く、「この界隈の方たちは、通院や介護・看護はどのようにサービスを受けているのかしら…?」と考えながらの道中でした。
raku2.jpg
実際の発表でも山間地域の看護や支援体制についての演題が数題あり、地域の大きな課題となっていることを改めて感じました。

どこのステーションも、看取り、病院との連携、人材育成の必要性を感じているようで、取り組みの成果や課題について発表されており、参考になりました。

今回、発表した演題のテーマ「ICT化」について、興味をもっている方もおられ、いくつか質問も受けました。
まだ修正していかないといけない課題もあるため、皆の業務効率アップに向けて早急に取り組まないとと気持ちを新たにしました。
慢性期看護学会に、当会から2ステーションがエントリーしているので、結果が楽しみです
こういった学会に積極的に参加することで、皆のスキルアップ、モチベーションアップに繋がると良いなと思います
 
訪問看護事業 統括

カテゴリー:お仕事紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする