2019年01月15日

ステーションラウンド&組織内の連携強化

明けましておめでとうございます

あっという間に年が明けて、既に2週間以上が経過してしまいました。
年度末に向けて気ばかりが焦る毎日です

年末は2回に分けて、洛和会訪問看護ステーション石山寺 長谷川所長とステーションのラウンドを行いました。目的はラダー台帳の管理の確認です。ラダー研修の参加やラダーチェックは定着してきたものの、ファイル管理がなかなか周知されなかったので、直接ラウンドし、1冊1冊確認することで、12あるステーションに管理方法の周知が図れたかと思います
目標通りにステップアップし、ステーション自体の質の向上を目指したいと思います。

年始の会議は、昨年から始めている洛和会音羽記念病院の透析室との連携会議です
参加したのは滋賀県の3ステーションと、洛和会訪問看護ステーション21洛和会訪問看護ステーション醍醐駅前の京都東エリアのステーションの所長です。

開催のきっかけは訪問看護で介入している『透析利用者さんの情報共有をどのようにするのか』、お互いに連絡を取りたくても、どの時間が忙しいのか、誰が担当なのかも把握できておらず、手探り状態だったことをクリアにすることが目的でした。

2回の会議で連携のフローは完成し、利用者さんの情報の共有もでき、時間の調整さえできれば透析室の看護師が在宅のサービス担当者会議に参加するところまで、顔の見える関係作りができてきました

その後は、ミニ勉強会の開催(透析室担当・訪問看護担当)、先日の会議では事例検討会を行いました。
来年度は、訪問看護スタッフが透析室へ半日研修を行うことができそうです。

a2.jpg
a1.jpg

認知症を患い、また、独居で透析療養を続ける高齢の方が増えてきています。少しでも病状が安定し、安心して在宅生活できるように、医療・介護の連携を強化していきます

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

秋といえば…

お久しぶりの洛和会訪問看護ステーション石山寺、びわこちゃんです

今回は何を書こうかな? と思い、夏あたりから考えていてズルズルと期間が過ぎてしまい^^;いつの間にか秋になってしまいました…いやもう、冬ですね

一応、秋にちなんだことを…

秋といえば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、いろいろとあります

食欲の秋といえば!

当施設スタッフのF看護師が再び釣りに行って、魚屋でバイトした経験があるN看護師にさばいてもらい、おいしくいただきました
3.jpg
そしてびわこちゃんは、しょうゆを飛ばしてスタッフに注意されるということもありました大人なのに情けなかったです(反省)

読書の秋といえば!

びわこちゃんは、読書といっても年に1冊小説を読む程度で、あとは漫画ばかり読んでいます。きゅんきゅんする女子漫画から少年漫画、医療漫画などなんでも読みます
最近はモバイルで読むこともあるのですが、やっぱり紙、漫画本が好きですね

意外に漫画から人生を学ぶことも多く、そんなびわこちゃんは、看護師だからなのか? 「ブラック・ジャック」が好きです。「生きることってどういうことなのか?」ということを考えさせてくれるのです。

そんな中、いま楽しく読んでいるのが「はたらく細胞」
2.jpg
この漫画が、もし看護学校時代にあって読んでいたら解剖生理学とか楽しく学べたのかな〜なんて思ってしまいます
一度手に取ってみてはどうでしょう! 体の中が分かりやすく描いてありますよ

スポーツの秋といえば!

びわこちゃんはゴルフが大好きで、つい先日、理事長杯に参加してきました。ニアピン賞は取れたものの、結果は散々でした 情けない(反省)今回、一緒に回っていただいた先生方です
1.jpg
結果はどうあれ、とっても楽しかったです

さて、季節は巡り冬になります 今年もあと少し、来年は平成最後の年です。
今年の振り返りと来年の目標を考えながら、訪問業務を頑張ります

洛和会訪問看護ステーション石山寺 びわこちゃん

カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

洛和メディカルフェスティバル&洛和会京都厚生学校の講義

11月に入り、ちょっと暖かい日があったかと思いきや、急に冷え込み山も色づき始めました 今年は暖冬とは言われていますが、急に寒くなるとこたえますね…

10月28日に洛和メディカルフェスティバルが開催され、大津エリアは洛和グループホーム瀬田が会場だったので、のぞきに行ってきました
訪問看護ステーションからは洛和会訪問看護ステーション大津の裏加所長、洛和会訪問看護ステーション石山寺の長谷川所長、洛和会訪問看護ステーション坂本の小室リーダーが、焼きそばやゲーム担当など張り切って会場を盛り上げていました
fes01.jpg

近所の子どもたちやお年寄りも来られていました。暖かい日だったので、良い日光浴になったかと思います
私は血管年齢の歳にショックを受け、生活習慣を見直す決意をしました
こういう機会に地域に貢献し、サービスの役割についても知っていただけると良いなと思います。

話は変わり…統括になってから4年目、いろんなことをさせていただいていますが、洛和会京都厚生学校の在宅看護の講義を何単位か担当しています。
fes02.jpg
最近はお年寄りと一緒に住んでいる、という学生も減っている(そもそも、おじいちゃん、おばあちゃんがまだお若いですが)こともあり、高齢の方が在宅で生活するというイメージがしにくいこともあると思います。そのため、実際の現場のエピソードも交えながら、訪問看護の役割や今後求められることについて、少しでも伝わるように講義をさせていただいています。

先日、在宅での内服管理についてグループワークをしました
利用者さんが家で、自分で薬を飲むとき、家にある物で薬を飲みやすくする工夫は!? と言う題目で、利用者さんの疾患、ADL、背景などもグループごとに設定・発表をしてもらいました
薬包が破りにくい方には、カメラのフィルムケースに薬を入れて片手でも開けられるようにしたり、色分けをして飲む薬を間違わないように、といった飲みやすくするためのグッズを作成したりする人もいました
fes03.jpg

週間スケジュールも他のサービスの連携の視点も含めて展開できており、少しは訪問看護の役割が伝わったかな…と思います。
テストの出来栄えがどうかドキドキしますが…
                      訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

洛和メディカルフェスティバルin洛和デイセンター四条鉾町


10月28日に、当施設でも毎年恒例の洛和メディカルフェスティバルを開催しました
1.jpg

ハロウィーン時期も意識して、写真の2人の看護師が頑張って作ってくれました。クオリティが高くてびっくりです
2.jpg

今年、初めて開催場所を洛和ディセンター四条鉾町に移しましたが、多くの方が来てくださってよかったです
訪問看護師は健康チェックとメディカルアロマを担当しました

今回の洛和メディカルフェスティバルのサブタイトルであった、『Face to Face』をモットーに今後も頑張りまーす
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

ラダー研修・洛和会ヘルスケア学会

今年度も折り返し地点になり、下期スタートと思ったら10月はあっという間に終わりに近づき、季節も急に進み寒くなってきました

10月は洛和会ヘルスケアシステムのイベントが多く、洛和メディカルフェスティバル、洛和会ヘルスケア学会がありました
またラダー研修もコツコツ、計画通り実施しております

そして、10月13日には外部の訪問看護ステーションの所長さんを講師に招き、午前は訪問看護ステーション虹の西尾所長に小児科の訪問看護について、午後は訪問看護ステーションそるあの森本所長に精神科の訪問看護について講義していただきました
radar01.jpg
radar02.jpg
radar03.jpg

小児科の訪問看護について、当会の訪問看護ステーションは小児の受け入れもしていますが、実際に受け入れ実績のない訪問看護ステーションは、依頼があった時の不安を抱えており、事例を提示しての講義を受け、少し前向きに捉えられたようです。1カ所だけで抱えるのではなく、複数の訪問看護ステーションで支援していき、実績を積んでいくのも効果的だと感じました。

午後の精神科の訪問看護についても、療養費の算定を満たす研修を受けていてフォローアップがない状態での事例をあげ、対応はこれで良かったのか? あの時こうしていたら結果は違ったのでは? と振り返えったり、現在進行形の事例を参加者がそれぞれ事前に提示し、それについてディスカッションしたりしました。
他の訪問看護ステーションの事例も聞くことで、対応の工夫などを学ぶことができました。

今後、精神科や小児科の訪問看護の依頼は増えていくと思います。住み慣れた地域で、疾患と向き合って生活をしていくお手伝いができるように、地域の情報も得ながら、連携を図っていけるように研鑽を積む場づくりを続けたいと思います

訪問看護事業 統括
カテゴリー:日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする